60年代大判クロス(花と幾何学模様) Marjatta Metsovaara

【サイズ】 67x66センチ
【重量】 135g
【素材】 リネン
【コンディション】★★★☆

●フィンランドの60-70年代代表的デザイナーMarjatta Metsovaara(マルヤッタ・メッツォヴァーラ)デザインの中でも代表的なヴィンテージクロス。

●上品で可愛いいながらも印象の強い1品で、このような大判サイズも現代の既製品には見られないアンティークならではのサイズです。
デザイン性の高さでコレクターズアイテムとして人気があります。

●少々の使用感に見えますが、100%リネン素材にこのアイテムのような独特な手染めの場合は、1度の洗濯でこのような感じになります。色落ちはほぼ無いと言えます。

デザイナー・ミニ知識】
Marjatta Metsovaaraは1927年Turkuで生まれ、1949年フィンランドの工業デザイン学校を卒業。その後1954-1968年の間、プリントテキスタイルデザイナーの第一人者として活躍。同じ時代に、マリメッコのトップデザイナー、Maija Isolaもいる。
1954年に、主にカーペットを生産するファミリービジネスのMetsovaara社を設立し、デザイン&アートディレクターとして国内外で展示会などを精力的に行い、会社を拡大する。

1970年代は主にTamplella社にデザインを提供する。この時代(特に1968-1973)は、フィンランドのテキスタイルカラーに於いて、ブルー/ブラウン、黄色/オレンジ、ブルー/グリーンという色の組み合わせの時代と言われ、テーブルクロスがモダンアートへと変化していく時代でもある。

Marjattaはこの流れの中で、インテリアファブリックに大胆な色柄や大柄のデザインを積極的に取り込み海外からも参照され、1970年にPro Finlandia賞、1957年と1960年にMilan Triennial金賞を2度も受けている。
フィンランドテキスタイル界に於いて、サクセスストリーを作り上げた女性です。
型番 J044_G541
販売価格
6,980円
購入数